軽度のものから重度のものまで…性病にお悩みの方は当サイトにお任せ!

性病や淋病で苦しんでいる男女のための大百科

マカオ旅行後に淋病が発覚する事例と対策が重要

淋病とはその名前の響きと漢字の様子から、精神病の一種だと勘違いなさる人々がいらっしゃいますが、実際は代表的な性病の一つになります。
性病は一般的な感染症とは事情が異なり、主に濃厚な肉体的接触によって発症します。

しばしば異性との握手やハグ、会話程度で淋病になる、と危惧する方々がいますが、
性器をお互いに密着させるような濃厚な接触、有り体に言えばセックス以外の行為で感染する確率はほぼゼロに等しいです。
例外としては淋病感染者が使用したタオルやバスタオルを介して、
病感染に至るケースがありますが、事例としては大変稀有です。
淋病は感染後、二日から七日後に発症が見られます。
その間、本人に病気を知らせる体調不良が出ない事も多く、その間に再びセックスをする事で淋病のリスクが更に広がる事も多いです。

マカオ旅行の後、淋病感染が発覚する事例があります。
大人の遊び場として有名なマカオですが、性風俗サービスが付加されたサウナが昨今、日本人男性の間で人気です。
マカオのサウナは日本の風俗店を意味する事が多く、
絶世の美女と合法的に夜遊び出来るため、近年利用客数が伸びています。
基本的にマカオのサウナでは性病対策が施されていますが、
言葉の意味が通りにくい海外の盛り場ですので、淋病のリスクは低くありません。
口腔性交の施術がある風俗は特に注意が必要です。
品質の良いマカオのサービスでは施術前にスタッフがコンドームを付け、意味のある淋病対策を施します。

しかし、国内とは違い相手の知識量や接待内容はピンきりです。
普通の口腔性交をしただけでも性病感染のリスクは三割程度といささか高く、
更に女性の口腔などに出血や傷口等があった場合は、その確率が更に上がります。
マカオの夜は楽しい時間ですが、言葉の意味が分かりづらい観光地では、
常に健全な警戒心を持ち、危険なサービスは利用しない事と口腔性交前のコンドーム着用を意識しましょう。