淋菌による感染症、淋病

淋菌とは、ナイセリア属のグラム陰性双球菌です。
淋菌による感染症としては、淋病があります。

この細菌は、綿毛のあるタイプと綿毛のないタイプの2種類に分類されます。
この綿毛を活発に動かす事で、粘膜への侵入を行なうと言われています。
感染性が非常に弱いという特徴があり、粘膜から離れると数時間で感染する力を失います。
また、日光や乾燥、消毒剤にも弱いです。

淋菌に感染すると、淋病という病気を発症します。
淋病 潜伏期間はだいたい1週間程度です。
その後、症状が現われるのですが、男性と女性では症状が異なります。

男性の症状は主に、排尿時の激しい痛みや尿道口の腫れ、尿道炎による痒み等があります。
対して女性の症状は、不正出血や下腹部痛、残尿感等があります。
男性の方が早い段階で自覚症状が出てくるので発見が早いのですが、女性は自覚症状が少ないので、気付いた時には症状がだいぶ進行している場合もあります。

淋病を発症した場合の治療法は、薬物療法を行ないます。
治療方法は男性も女性も同じです。
注射や内服薬で抗菌剤や抗生剤の投与を行ないます。
使われる薬はクラビット等が有名です。

クラビットは感染症に高い効果を示しますが、その反面で副作用が起きる場合もあるので注意が必要です。
主な副作用としては眩暈や頭痛、下痢や腹痛等が挙げられます。
そのため使用に際しては、医師の指示をちゃんと聞く事や、クラビット 添付文書を必ず読む事等が大切です。

また、こうした薬は症状がおさまると、自己判断で服用を止めてしまう人もいます。
しかし、症状がおさまっても、菌自体は体内で生きています。
そのため服用を途中で止めると、かえって症状が拡大する場合があるので、必ず指示通りに薬の服用をする事も大切です。

↓性病のことなら
バルトレックス:バラシクロビル│通販でヘルペス・帯状疱疹を治療